エンジニアとして生きる彼が、転職先にスタートアップを選んだ理由 | Micoworks株式会社                 エンジニアとして生きる彼が、転職先にスタートアップを選んだ理由 – Micoworks株式会社

Micowolog Micolog

エンジニアとして生きる彼が、転職先にスタートアップを選んだ理由

今回インタビューを行なったのは、Micoworks社内エンジニア第一号の吉田謙悟さん。プライベートでもコードを書き続けるほどの、根っからのプログラミング好き。エンジニアとして生きる彼が、Micoworksを選んだ理由とは?ベンチャー企業のエンジニアとしての働き方と、やりがいに迫ります。

エンジニア一筋で生きてきたキャリア

 
-本日はよろしくお願いします!まずは自己紹介からお願いします。
 
吉田謙悟といいます。現在、Micoworksでdigmee connect事業・AURA事業のエンジニアとして働いています。
 
-吉田さんはエンジニア職で今年(2019年)1月にMicoworksに入社されましたね。これまでのエンジニアとしての経歴を教えていただけますか?
 
エンジニアになりたいと思い始めたのは、高校2年生のときです。進路を考える中でゲームが好きだったのと、性格的にモノづくりに没頭するのが向いていると思い、エンジニアを目指しました。高校卒業後は4年制の情報系専門学校で学び、新卒入社した会社で2年半プログラマーとして勤め、Micoworksに転職したという流れですね。
 
-前職の会社ではどのような業務をされていたのですか?
 
以前の職場はソフトウェアの開発会社です。クライアントからの依頼を受けて、その企業に特化した業務用ツールの開発を手がけていました。僕は主にコードを書き、時々仕様書作成やテスター業務を担っていました。
 
 
-転職を決意されたとき、ベンチャー企業のMicoworksに入社した決め手は?
 
Micoworksは転職先に求める条件であった「エンジニアが働く上での開発環境を保証してくれること」「リモートワーク・私服OKなど自由度の高い働き方ができること」の二つを満たしていたのに加えて、さらに「自分次第で責任のある仕事に関われること」が決め手でした。
 
東京・大阪と場所を問わず転職活動を行なっていましたが、Micoworksは一番求めている職場環境に近いと感じて、最終的に入社を決めました。
 
-なるほど。転職先として数多くの選択肢がある中、Micoworksの「自由と責任」を重んじる社風に惹かれて入社に至ったんですね。

ベンチャーでの開発はマルチタスクとスピード感が必須

 
-吉田さんは現在、Micoworksでどのような業務を担当されていますか?
 
現在の主な業務は、自社サービス”digmee connect””AURA”の新機能開発および改修を行う際、ビジネス側と開発側の橋渡しをすることですね。新機能が本当に必要か、技術的に可能かどうか、ビジネスサイドの社員と綿密な打ち合わせを経て共通認識をとり、それを仕様書に落とし込んで開発会社に発注する業務を行なっています。
 
-エンジニアの方がビジネスサイドの社員とも積極的なコミュニケーションを取っているのは意外でした!実際にMicoworksで働いてみて、前職との違いは感じられましたか?
 
働いている中で、Micoworksの特色として前職との違いを感じる点が3つあります。
 
一つ目は、やはり自由度の高い社風であること。Micoworksでは自分の好きな服装で各々が働いていて、エンジニアなどの技術職はリモートワークOK。前職は比較的堅めで常にスーツ着用を義務づけられていたので、Micoworksの柔軟な社風は新鮮に感じました。
 
二つ目は、マルチな仕事が求められること。通常の会社では仕様書の作成担当や不具合の検証テスト担当など、別々の人員をつけて役割分担がなされていますが、ベンチャーでは一人で全部こなしていく必要があります。入社前の想定通り、ハードワークでしたが、その分自分ができる仕事の幅も広がっていきましたね。
 
三つ目は開発スパンの速さ。ここが最も大きな違いを感じるところです。Micoworksでは自社サービスの開発を行なっているため、プロジェクト開始からリリースまでの期間が非常に早いです。以前の受託会社では、一つのプロジェクトに3ヶ月〜6ヶ月程度かけていました。 
 
一方、Micoworksでは1ヶ月に1回は新機能をリリースしています。続々と次のプロジェクトがやってくるため、タスクの優先順位を見極めて素早く捌いていく力は必要ですね。
 
-ベンチャー×自社サービスということもあり、開発側にもスピード感が求められますね。吉田さんがMicoworksで働いている中で、新たに得られたスキルはありますか?
 
以前は開発一筋でしたが、今はビジネスサイドと開発担当者、両方の気持ちがわかるようになりました。また、新機能の開発依頼が来たときに求められた機能だけでなく、将来的な必要性も見越して仕様書を書くようになりましたね。 
 
例えば、近々AURAに実装予定の予約管理システム。今求められている単一店舗の予約機能だけでなく、複数店舗を同時に予約する機能など先々必要になるものを洗い出しておいて、あらかじめシステムの仕様書に組み込むようにしてます。

技術とビジネス、双方への深い理解が求められる

 
-前職でのプログラマーの経験から、今のMicoworksでの業務に活きていることはありますか?
 
それは、たくさんありますよ!中でも、前職で培ったデータベース構築の経験と知識が活きてます。今の業務は新規機能を開発するための仕様書作成がメインですが、それにはデータベースの紐付き関係を読み解くことが必須です。以前の経験からスムーズに今の業務に入ることができましたね。
 
「テスト観点リスト」の作成も、これまでの職務経験が活きています。「テスト観点リスト」とはリリース前に開発した機能が正しく動作するか確認すべき項目を洗い出したもの。
 
新機能のテスト検証が現在の主な業務の一つなので、前職で少々関わっていて良かったですね。

-前職で培った経験は、ベンチャーの開発現場でもしっかりと活きているのですね。Micoworksでエンジニアとして働くには、どのような力が必要なのでしょうか?
 
まずは、度重なる不具合にも屈しない心ですかね(笑)。開発前に入念にチェックしていても、不具合の発生や突発的にバグが見つかることがあります。それでもへこたれない精神の強さは大切ですね。
 
また、Micoworksではエンジニアであってもビジネスサイドを理解することが求められます。新規機能の開発に関わるときには「自社サービスを使うユーザーは誰か」「何の目的で使うのか」「どうしてこの機能が必要なのか」といったことをエンジニアも把握した上で仕様を決める方が絶対にいい。ビジネスにもたらす効果・ユーザーの使いやすさを踏まえてモノづくりができるエンジニアは活躍できると思います!
 
-タフでビジネスマインドを持ったエンジニアさん、Micoworksへの応募待ってます(笑) それでは最後に、吉田さんの今後の目標をお聞かせください。
 
一人でなんでもできるエンジニアを目指しています。サービスの設計から実装、マネタイズまで全て自力でこなせるようになりたいですね。そのために、Micoworksの業務を通じてサービスの実装に欠かせない、ネットワークサーバーの知識も身につけていきたいです。エンジニアとしてできることの幅をこれからもどんどん広げていきたいですね。
 
-技術とビジネス、両方に強いエンジニアって無敵ですね!吉田さんの今後のご活躍が楽しみです。今日は貴重なお話、ありがとうございました!
 
根っからのエンジニア気質である吉田さん。普段は黙々とパソコンに向かう職人気質の印象が強い彼ですが、インタビュー中の語り口からは仕事にかける情熱が滲み出ていました。
 
「面白いことをするために、貪欲に技術を身につけていきたい」「今の専門領域だけでなく、マルチな知識・技術を身につけたい」「ビジネスサイドとも関わりながらサービスを形づくっていきたい」そんな方が大活躍できる職場が、Micoworksです。
何事にも負けない不屈の心を持つ、ビジネスに強いエンジニアさんのご応募をお待ちしております!