東証一部上場企業で商品開発をしていた彼女が、digmeeに入った理由とは? – Micoworks株式会社

Micowolog Micolog

東証一部上場企業で商品開発をしていた彼女が、digmeeに入った理由とは?

まずは自己紹介をお願い致します。

 
digmee株式会社でセールス担当をしている山道あゆかと申します。

出身は長崎で岡山大学工学部を卒業した後に大手消費財メーカーへ入社、2018年8月にdigmee株式会社に入社しました。

趣味は旅行で特に海外に行くのが好きです!

大学4回生からは年に2回海外旅行に行くことを目標としてます。笑

 

山道さんがdigmeeに入社するまで

ー1社目はどのような会社で働かれてたんですか?
 
新卒で、東証一部上場の某消費財メーカーに就職し、商品開発として勤務していました。

具体的な業務内容としては、繊維と不織布などを使用したお掃除用品の商品開発を行なっていましたね。

 

ー1社目を選んだ理由は?
 
もともと、就職活動自体をBtoCをメインで行なっていました。自分が関わった仕事が結果的に、”人々の生活を自分らしく輝いたものにする”ことへ繋がるような仕事がしたいという思いがあり、BtoCのメーカーを見ていました。
 
その中でも1社目を選んだ理由は、二つあって一つ目が自分の思いと企業理念がマッチしているなと感じたことですね。

その企業のインターンなどに参加していたのですが、商品を利用することでヒトの行動の幅における可能性を最大化することができる、生活自体を変化させることができるということに惹かれました。

今思うとdigmeeの理念と少し似ている部分がありますかね。笑
 
二つめが、人と人との関わり方に惹かれたことですね。

そもそも仕事に関わっているメンバーが活発に意見交換できるような風土でないと良いものは生み出せないという考えがありました。そこには、上司に気を使わずに意見できるような環境が必要ですよね。
そんな中、1社目で勤めていた会社のインターンシップに参加した時に、部下が上司に気兼ねなく意見しているのをみて、このような人間関係は非常に魅力的だと感じ、この人たちと働きたいなと思いました。
 
ー1社目を退社された理由を教えてください。
 
消費者の生活をよりよいものにしたい、手にとってもらうことで生活がもっと豊かになるような商品を本当に提供できているのだろうか、手にとってもらうために会社として最善をつくしているのだろうかと疑問を持ち始めたのがきっかけです。
 
なぜこのような疑問を抱く状態になるのかと現状の社内で起こっている問題を考え続けた結果、その根幹は組織(部署やチーム)の作り方や人材配置にあるのではないかと思いました。
 
まずは、その部分に関する知見を広げていくことが、世の中に良い商品やサービスを提供できることに繋がり、さらには提供した価値を利用していただいくことで”人々の生活を自分らしく輝いたものにする”ことに繋がっていくのではないかと感じ、人材領域に強い興味を持つようになりました。
 
ー山道さんが複数の転職先候補からdigmee株式会社を選んだ理由は?
 
先ほどの退社理由より、人材系に絞って転職活動を行なっていました。また、様々なフェーズでの組織のあり方ということに強い関心があったので、2社目は異なるフェーズの会社で働きたいと思い、転職活動ではベンチャー企業に行こうと決めて活動していました。

 

そのこともあり、最終的には「人材系ITメガベンチャー」と「digmee株式会社」の2択に絞りました。比較要素を並べて検討した結果、組織として完成している会社ではなく、これから組織として変化していくフェーズにあるdigmeeに挑戦してみるのも人生面白いのではないかと思い意思決定を行いました。

 

digmeeで働き出してから

ー実際に転職してみてからはどうでしたか?
 
大変でした(笑)入社して1週間経たずに、一人で商談に行ったときは緊張して吐きそうでした(笑)
 
自分が就職活動してから3年程度が経過していた訳ですが、当時とは状況が一変していました。世の中でもHR Techと注目されていますが、その中の新卒採用サービスが非常に多様化していて、人事さんの口から出るサービス名が多岐に渡り、知識のキャッチアップと慣れない仕事だらけで混乱してばかりでした。
 
ただ、前職とは違い入社後すぐ裁量を持ってチャレンジさせてくれる環境は、とても刺激的でしたね。笑
 
ーどのような時にやりがいを感じますか
 
やはり、契約が決まったときですね。それも学生が喜ぶような企業の契約が決まると嬉しいです。

また、先日人材系サービスの展示会に出展したのですが入社2週間目で担当者になって右も左もわからない状態で準備を進めていたものを当日運営まで進めることができて、そこから新しい商談機会を創出することができたのは、当日運営が終了した安堵感もありましたが、しんどかったけどやってよかったなといった大きな達成感を味わうことができました。

 

ー大変だと感じることはなんですか
 
たくさんあります笑
多様な新卒サービスの中身が何か理解することは、もちろん、スタートアップといったこともありサービスの中身や会社の方針も常変化し続けること、さらにはWEB広告系の専門用語が飛び交うのでそれが何を指しているのかチンプンカンプンな時は焦ります。

なので、共に働いている学生インターンの子達は本当に優秀な子たちが多くて尊敬しています。笑

 

ー働いてみてわかったdigmeeの魅力はありますか
 
それでいくと2つあって、1つは、自分から手を挙げれば次のキャリアステップへ短期間で進めること。もう1つは、各個人が自分の成長に向かって奮闘している環境であることですね。

大きい会社で働いていたこともあってdigmeeの意思決定の速さは爆速だなと思います笑

 

私は、働いて7ヶ月目ですがセールスからのジョブチェンジを控えています。こんな短期間で動けることってスタートアップならではですよね。
社長にこういった方向へ進んでいきたいと話しをする機会を設けていただいたり、過去面接時に話していた内容も考慮していただいていると思います。

 

また、優秀な学生インターンの子たちと働いていますが、皆成長するべく働いているので負けてられない!と常に奮起して働くことができる環境です。これらは、魅力だと思いますね。

 
ー山道さんの原動力とは何でしょうか?
人生一度きりなので迷ったら前進する感覚が強いほうを選択するようにしています。

苦しいときは、幸い私の周りには素敵な人が多いのでその人たちに相談したり、息抜きに付き合ってもらって「またがんばろっ!」と踏ん張っていくようにしてます。

自分が選択したことは、自分で正解にしていくしかないと思っているので。

 
ー最後にどのような人と働きたいですか

『芯がある人』と働きたいです。
でも、どのような人と枠を決めてしまうのはあまり好きではなくて、いろんな価値観もった人と働いてみたいなって思っています。実際、digmeeにいるメンバーはみんな、非常に個のキャラクターが強いと思うので(笑)